ビリヤード場の紹介


by macqw0us23

元ボクサーに「区分審理」、裁判員導入後初か(読売新聞)

 強盗致傷や窃盗など8件の事件で起訴された元プロボクサー、トーレス・マルティネス・健文被告(22)について、大阪地裁は事件を分割して審理することを決めた。

 「区分審理」と呼ばれ、19日からの公判で強盗や窃盗など裁判員裁判対象外の7事件について裁判官が有罪か無罪かを判断し、4月に行われる裁判員裁判で強盗致傷罪と合わせて量刑を決める。

 区分審理は裁判員裁判導入後、初ケースとみられる。トーレス被告は昨年5月、大阪市内でタクシー運転手を殴って1万7000円を奪ったとされる強盗致傷罪のほか、置き引き、コンビニ強盗などの事件でも起訴されている。

オウム新実被告の死刑確定=最高裁(時事通信)
<民主党>参院選島根選挙区に元アナウンサー擁立へ(毎日新聞)
五木寛之さんが直木賞選考委員辞意(時事通信)
馥郁たる神の酒 大倉本家の酒造り(産経新聞)
銅メダルの高橋選手に首相「快挙だ」(産経新聞)
[PR]
by macqw0us23 | 2010-02-22 20:09