ビリヤード場の紹介


by macqw0us23

日照最少、そしてときどき雪ドガッ 東北・3月(河北新報)

 仙台管区気象台は1日、東北地方の3月の天候概況をまとめた。東北全体の日照時間は比較可能な1946年以降で、3月としては最も少なかった。八戸では10日、1日の降雪量が61センチに達し、観測史上の記録を更新した。

 東北全体の日照時間は平年の74%。青森県深浦は73.4時間で平年の61%にとどまり、酒田78.7時間(62%)、山形91.9時間(63%)など、日本海側を中心に平年を大きく下回った。

 八戸の大雪は三陸沖を進んだ発達した低気圧の影響で、84年に観測した55センチの記録を上回った。10日は仙台の1日の降雪量も24センチで、過去3番目だった。

 3月の東北は曇りや雨、雪の日が多かった。気温は平年並みで、降水量は日本海側で平年より33%多かった。


日米外相会談の要旨 普天間問題、今後さらに議論(産経新聞)
<子ども手当法>成立 6月から支給(毎日新聞)
<公務災害>教諭自殺の背景 生徒の暴力認定 大阪地裁(毎日新聞)
25%減でも経済成長可能=温暖化対策で試算−環境省検討会(時事通信)
野中広務・元自民党幹事長が民主に陳情(産経新聞)
[PR]
by macqw0us23 | 2010-04-02 14:33