ビリヤード場の紹介


by macqw0us23

阿久根市長 仕事始め式で「私のやり方加速する」(毎日新聞)

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長は4日の仕事始め式で、「今年はもっと私のやり方を加速する。命令に従わない職員は辞めてもらう」とあいさつ。1日付の定期昇給を凍結したことに関し「給料が上がらないのは不当だと訴訟を起こすような職員はいらない」とも発言し、凍結を不満としている市職員労働組合などを強くけん制した。

 竹原市長は昨年末、職員の懲戒処分などを協議する「市賞罰審査委員会」の召集権者を自らにするよう規定を改定。また、委員だった課長4人を更迭し、「竹原派」とされる市議ら4人を選任し、職員の懲戒への影響力を強めたばかり。年頭発言について、ある職員は「いつ自分が賞罰委員会にかけられるんじゃないかと、みんな委縮してしまっている。仕事ができる環境ではない」と批判している。

 竹原市長は1日付のブログでも「虎の年 修羅の如く」のタイトルで「阿久根市政に革命をおこします。これからの作業に比べれば、これまでのものは児戯です」と記載。「革命には多くの苦労と、おそらく血も涙も伴います」と、「激動の年」を宣言していた。

 また、仕事始め式で竹原市長は先月28日の仕事納め式同様、新聞各社の入室を禁じた。竹原市長は毎日新聞の取材に対し「新聞は悪意を持って書くから」として、一部地元民放などの取材には応じた。【川島紘一】

【関連ニュース】
阿久根市長:「司法の存在意義を否定」 元係長訴訟
ブログ市長:阿久根市議会が謝罪要求決議 差別記述問題で
ブログ市長:阿久根市の賞罰委委員全員を解任 規程改定し
阿久根市:元係長ボーナスもなし 市長、復職拒否続く
阿久根市長:定期昇給を突然凍結 1月1日付

観葉植物日記
金持ち母さん
2ショットチャット
ネイルサロン
パチンコ攻略
[PR]
by macqw0us23 | 2010-01-06 15:05